お寿司屋さんの必需品

<img alt="080606_1141~01.JPG" class="pict" height="320" src="http://idobatato-ku.img.jugem.jp/20080608_375277.jpg" width="240" />
本日、入荷しましたよ!
今日の画像は、新生姜です。

今の時期ならではの野菜です。
けど、あまり馴染みがないような感じですよね。(泣き)
レタスやとまとみたいに、メジャーではないけれど、どこかで、あなたも、食べているかも…です。
たいがいは、甘酢漬けになって、加工品として漬物コーナーに並んでますね。
紅生姜漬けの原料ですから…。

漬物以外にも、食べ方はあるようですが、
あまり馴染みがないですね。

初夏の味覚のひとつです。


<a href="http://cookpad.com/balletshoes/recipe/201279/" target="_blank">新生姜、甘酢漬け</a>

<a href="http://homepage3.nifty.com/kawasima/cook.htm" target="_blank">新 生 姜 の 簡 単 レ シ ピ</a>
生姜の効能はいかに

 しょうがは、漢方薬の原料として、古くからその薬効が利用されてきました。
<span style="color:#FF0000"> 生姜(しょうきょう:しょうがの生の根茎)は、
 健胃・解毒・解熱・鼻づまり
 鎮咳・吐き気止めなどに有効とされています</span>。
      
 また、乾姜(かんきょう:しょうがの根を蒸してから乾燥させた物)は、
 <span style="color:#FF0000">体の新陳代謝を活発にし、保温効果もよく</span>、風邪・腹痛・下痢をはじめ、
 冷え性や夜尿症にまでその効きめを発揮します。

  しょうがの辛味の成分は、結晶性のジンゲロン・油状のショウガオール
  芳香のジンゲベレン等、いずれも精油によるものです。
    
 これらには、胃液の分泌を促して、<span style="color:#FF0000">消化促進・食欲増進</span>など、
 健胃に役立つ成分です。

 また、発汗解熱・咳きり・腫れをひかせる
 消炎・補温等にも用いられます。
     
 特に、ジンゲロンは、腸チフス菌やコレラ菌等に対して
 強い殺菌力があります。
 アニサキスの幼虫を死滅させる効果もあります。

posted by ゆきね at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(野菜編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。