らっきょうの効用


5月も中ほどです。

初夏の季節野菜が沢山出回る時期になりました。
らっきょう、新生姜、小梅、青梅、山椒の実など…。
漬物やつくだ煮の原料になる野菜達です。
梅干し、らっきょう漬お寿司屋さんで、必ず目にする、生姜漬(がり)と呼んでいます。つくだ煮コーナーに並んでます、山椒の実の入ったつくだ煮など…。
そのままで食べることはないので、胡瓜やレタス、とまとなどと比較すると、あまり馴染みがないように思う方もいらっしゃっるみたいですね。
しかし、毎日の食卓の脇役として、ちょくちょく登場してますからね。
今日の画像は、自家製らっきょうを漬けてみました。

と言っても、洗いらっきょうにらっきょう漬けの酢を入れただけの簡易な方法です。(汗
こだわりのある方は、土らっきょうを買って、きれいに掃除をしてらっきょう酢も、自家製らしいですね。

美味しいんでしょうね、きっと。
らっきょうの効用について
らっきょうには、カルシウム、リン、鉄、食物繊維などを含みます。
らっきょうには、香り成分である硫化アリルを含んでいます。

硫化アリルは血液が固まるのを抑えて血液をサラサラにする作用があります。
動脈硬化予防や血栓予防に効果が期待されます。

また硫化アリルはビタミンB1の吸収を高めて、新陳代謝を盛んにしてくれます。
疲労回復やイライラ解消に効果があります。

らっきょう(ラッキョウ)はこんな方におススメ
動脈硬化予防、血栓予防、疲労回復、食欲不振


らっきょうには、たまねぎ・にんにくなどにも含まれるアリシン(硫化アリル)

が多く含まれています。アリシンは、ビタミンB1の吸収を助ける効果があるので、

ビタミンB1を含む他の食材と合わせると効果的です。
らっきょうの甘酢漬けはカレーの付け合わせによく使われますが、

ビタミンB1を多く含む豚肉を使ったカレーなら栄養面での相性もよいでしょう。
ビタミンB1には疲労回復、夏バテなどに効果があり、これから暑い季節にピッタリです。

また、たまねぎやにんにくのように血液をサラサラにする効果があります。
 
ツンとした独特の香りと、カリカリと歯ごたえのよい食感は食欲をそそります。

酢漬けにすれば、お酢の疲労回復効果も加わってさらに効果的ですね。
posted by ゆきね at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(野菜編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカンチェリー

<img alt="080515_1248~01.JPG" class="pict" height="320" src="http://idobatato-ku.img.jugem.jp/20080517_364496.jpg" width="240" />
アメリカンチェリーです。

初夏の頃になると、店頭に並び始めますね。
鮮やかな赤色が、とてもきれいです。

旬の期間は、あまり長くないので、お見逃しなく。
アメリカンチェリーの効用はいかに…。

サクランボ
サクランボは、尿酸値を短時間で下げる効果があることから、
ジュースやサプリメントで利用される。

<span style="color:#FF0000">特にアメリカンチェリー(タルトチェリー)に人気がある。</span>
サクランボはその他にも、痛風、関節炎などに効果がある。

<span style="color:#FF0000">アメリカンチェリー(タルトチェリー)に含まれるエラグ酸やペリリル・アルコールには、ガン予防やがん細胞の増殖を抑える働きがある。</span>
サクランボに含まれるフラボノイドは、コラーゲンの生成を助け肌の老化を防ぐ。

その他にも、こんな効用もありそうですよ。↓

ブルーベリーの4倍もの含有量を誇るアントシアニンは、抗酸化作用があります。
アントシアニンはコラーゲンの生成を助ける成分です。

メラトニンは天然の睡眠薬です。
睡眠中は、お肌に潤いを与える泌乳刺激ホルモン(プロラクチン)や生理周期に関係した黄体形成ホルモンなどが分泌されます。

だから正しい睡眠はお肌の回復にはとても大切です。

アメリカンチェリーは、美容、健康に効果ありますね。
さらに、美味しいし、うれしいです。

posted by ゆきね at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(果物編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカンチェリー

<img alt="080515_1248~01.JPG" class="pict" height="320" src="http://idobatato-ku.img.jugem.jp/20080517_364496.jpg" width="240" />
アメリカンチェリーです。

初夏の頃になると、店頭に並び始めますね。
鮮やかな赤色が、とてもきれいです。

旬の期間は、あまり長くないので、お見逃しなく。
アメリカンチェリーの効用はいかに…。

サクランボ
サクランボは、尿酸値を短時間で下げる効果があることから、
ジュースやサプリメントで利用される。

<span style="color:#FF0000">特にアメリカンチェリー(タルトチェリー)に人気がある。</span>
サクランボはその他にも、痛風、関節炎などに効果がある。

<span style="color:#FF0000">アメリカンチェリー(タルトチェリー)に含まれるエラグ酸やペリリル・アルコールには、ガン予防やがん細胞の増殖を抑える働きがある。</span>
サクランボに含まれるフラボノイドは、コラーゲンの生成を助け肌の老化を防ぐ。

その他にも、こんな効用もありそうですよ。↓

ブルーベリーの4倍もの含有量を誇るアントシアニンは、抗酸化作用があります。
アントシアニンはコラーゲンの生成を助ける成分です。

メラトニンは天然の睡眠薬です。
睡眠中は、お肌に潤いを与える泌乳刺激ホルモン(プロラクチン)や生理周期に関係した黄体形成ホルモンなどが分泌されます。

だから正しい睡眠はお肌の回復にはとても大切です。

アメリカンチェリーは、美容、健康に効果ありますね。
さらに、美味しいし、うれしいです。

posted by ゆきね at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(果物編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶら下がりダイエット

『握力が無くてもできる、ぶら下がりダイエット』

ぶら下がることによって、いろんな健康効果が
あるようです。

握力がない方にとってもできる

ぶら下がり方法があるそうです。

あなたのダイエットに

お役に立てば幸いです。

ぶら下がると腰も伸びる、肩の周りの筋肉もストレッチングできる。全身のゆがみが取れて、血行が良くなって代謝があがります。しかし、握力が無い人はぶら下がるのもなかなか大変です。 そこで、この無料レポートでは、握力がない女性でもできるぶら下がる方法について解説しました。
posted by ゆきね at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイカが美味しい!!

080429_1204~01.JPG
すいかが、そろそろ出てきましたよ。

気温の上昇とともに、水分の多い物が、
欲しくなってきましたね。

今時は、スポーツドリンクや健康飲料がたくさん出回ってますから、ちょっと、押され気味ですが…。

すいかには、すいかの良さがありますからね。
近くのお店で見かけることが、あると思います。

★---------------------★

今日は、すいかの効用について

西瓜にはビタミン類や抗酸化作用があるβカロテン・リコピンが豊富で、

利尿作用があるカリウムやシトルリンが含まれています。

穏やかな春を過ぎれば厳しい夏が待ち構えています。

ジュースやアイスに依存しすぎることなく、西瓜を食べて夏を乗り切りましょう。

■栄養成分と効用

果肉の90%は水分です。

カリウムなどのミネラル、ビタミンB1・B2・Cを含みます。
赤い色の色素はカロテンの一種リコピンによるものです。

利尿作用がすぐれているのは、豊富な水分とナトリウムを排泄するカリウム、
さらに尿を生成するシトルリンとアルギニンというアミノ酸を含んでいるからです。

利尿効果によって、膀胱炎や腎炎、妊娠時のむくみを解消します。


■漢方的な働き
体を冷やす作用があるため、暑気払いや夏バテ防止に昔から用いられてきました。
高血圧、熱性のせき、高熱によるのどの渇きがあるときにも果肉の絞り汁を飲むと、
症状が改善します。


■調理のポイントと食し方
スイカの皮にも実とおなじような効果があります。
漬けものなどにして活用しましょう。
果糖は低温で甘味を増す性質があるので、できるだけ冷やしたほうがおいしいです。

夏にスイカを食べるのは、体に良いわけですね。

美味しくて、健康に良いのは嬉しいです。
posted by ゆきね at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(果物編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつおのタタキはいかが

最近は、気温も25度前後になってきました。
陽射しは、暖かいからやや暑いと言うほうがいい感じの気候になってきましたね。
本日のダイエット食材は、
初夏の味覚、って感じです。

今日は、カツオをご紹介です。

カツオのたたき、が
いいですね。

たたきのタレ、ニンニクのおろし、キザミ葱のコンビネーションが絶妙な味覚を、醸し出します。

たたきにして食べる。って、一体、誰が考えたのかな?

すごい名案だと思います。

かつおタタキの材料の目安はこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(4人分の場合です)

かつお … 1/4さく
にんにく … 1片
しょうが … 1かけ
あさつき … 1/4束
[けんとつま]
 大根 … 適量
 青じそ … 適量
 すだち … 適量
 芽たで … 適量
 きゅうり(花きゅうり) … 適量
[三杯酢]
 食酢 … 大さじ6
 しょうゆ … 大さじ1
 砂糖 … 大さじ3
 塩 … 小さじ1/2

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

かつおの栄養素と効用について


◆ ビタミンEが豊富
  若さの秘訣は体内に過酸化脂質を作らないこと。
カツオに含まれるビタミンEは核酸の働きを助け、若さを保ちます。

◆ 骨を強く
  育ちざかりのお子様の強い骨格作りにカツオが役立ちます。
カツオに多く含まれるビタミンDは、カルシウムやリンの吸収能力を高めます。

◆ 美しく健康な素肌
  カツオに含まれるナイアシン(ニコチン酸)は、体の調子を整え健康な素肌美を作ります。

◆ 脳の働きが活発に
  カツオに多く含まれるビタミンB1は、脳細胞の働きを活発にします。
受験生や、ボケが心配になり始めた方におすすめします。

◆ 女性の強い味方
  ビタミンDは骨盤や子宮の発達を助け、生理の正常化にも欠かせません。
その上、鉄分も豊富。貧血予防にも効果があります。


◆ ダイエットに一役?
  野菜類には少ないビタミンB12をカツオは豊富に含んでいます。
その上、低カロリー食品。上手なダイエットにカツオサラダはいかがですか?



◆ 動脈硬化を防ぎます
  カツオに含まれるタウリンは交感神経の高ぶりを抑えて血圧を下げ、血圧のコレステロールを下げて動脈硬化を防ぎます。


◆ 成人病対策にも効果的
  カツオにはビタミンB2が豊富ですから、成人病でくずれがちなホルモンのバランスを整える働きがあります。


◆ 内臓の老化を防ぎます
  核酸は生命素と言われ、老化を防ぐ決め手です。
その核酸を多く含んでいます。


◆ カツオは縁の下の力持ち
  カツオのうまみを出すイノシン酸は、他のうまみを引き出す働きを持っています。
カツオと昆布でダシをとれば最高の味になります。

美容と健康、ダイエットにも

ヘルシーで、低カロリー、

そして、なにより美味しいです。
posted by ゆきね at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(お魚編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットに挑戦(グレープフルーツ編)

グレープフルーツの健康効果

▼ビタミンCが豊富

 グレープフルーツは柑橘類のなかでもビタミンCが豊富。100g中に約40mg含まれており、温州みかんよりやや多め。

ビタミンCは、シミやソバカスを防ぐ美肌効果、疲労やストレスからの回復、
風邪などの病気やガン予防に効果があります。


また、ビタミンCの吸収を高めるビタミンPやクエン酸も含んでいます。
クエン酸は、体内の疲労物質である乳酸の代謝を高める作用があり、疲れをとり元気を回復させます。

春は、グレープフルーツの美味しい季節です。
美肌効果があるのは、うれしいですね。
疲労回復にも、効果があるようです。

食後のデザートに、いかがでしょうか。
美味しくて、健康にも良いです。
posted by ゆきね at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(果物編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットに挑戦(わかめ編)

今日は、海草のお話です。


海草は数あるノンカロリー食品の中ではかなり栄養バランスの良い食品で、
ビタミンB以外のほとんどの要素が存在しています。

中でも見逃せないのは豊富なミネラルです。


これは体の代謝機能を高め、健康を保つには欠かせないもの。

イライラの解消に役立つカルシウムや、貧血防止の為の鉄等が、
海草にはたっぷりと含まれているのです。

さらに肌や髪を美しく保つヨードの含有率も、
海草は身の回りの食品の中でピカイチです。


腸の働きを活発する食物繊維にも沢山含まれてますから
痩せたい身体に十分貢献
してくれそう。

今回は、わかめ、をピックアップしてみました。


わかめを食べると脂肪が効率よく分解されることから
肥満予防食品として効果的なことがわかったのです。

さらに血中や肝臓中の高中性脂肪濃度は動脈硬化発症の一因といわれているだけに、
わかめは動脈硬化症の予防・治療食品になるとも考えられます。

春は、生のたけのこが出回る季節です。

1年中、水煮として販売されていますが、
4月ごろには、掘りたてを生でゲットできますね。
期間限定、旬の味覚って感じです。

筍とわかめの煮物なども、季節感があっていいかも、、。

新物わかめの味噌汁、酢の物など、
美味しくて、健康に、さらにダイエット効果も
あるというすぐれもの。

あなたの献立の参考になれば、幸いです。

posted by ゆきね at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(海草編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットに挑戦(キャベツ編)

春は、お天気が変わりやすい季節です。
ひと雨ごとに、暖かくなる。って言いますが、、。


桜の花も、ピークを過ぎてきたみたいです。
緑色の葉っぱが、だんだんと、見えてきました。


もうすぐ、新緑の季節、到来です。
行楽シーズンが、やってきましたね。

焼肉や野外でのバーべキューなど
わいわいと賑やかな声が聞こえて
きそうですね。

今日は、キャベツのお話です。

キャベツが持っている栄養成分や健康への効用、調理のポイント、
食べ物の旬などをご紹介です。
   


キャベツはアブラナ科の野菜で、ヨーロッパが原産地です。
古代エジプトでは、キャベツには高い薬効があると信じられていました。


栄養成分と効用

キャベツ特有の成分としてビタミンUを含むのが大きな特徴で、
別名キャベジンと呼ばれています。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果があり、脂肪肝を予防する働きもあります。

淡色野菜の中でもビタミンCが豊富で、

キャベツを2〜3枚生で食べれば、1日の必要量の50%以上
がとれてしまいます。

風邪の予防、疲労回復、肌荒れの解消に効果的です。



晩春〜初夏(春キャベツ)  



調理のポイントと食し方

春キャベツは葉がやわらかいので、生食が一番

冬キャベツは肉厚で甘みも強く煮込んでも煮くずれしないので、
ロールキャベツやポトフなどにむいています。


注意すること

冷え症の方は体を冷やしてしまうので、加熱して食べるようにしましょう。
解熱鎮痛剤を服用している方もひかえたほうがいいでしょう。
キャベツを含む食事によって、薬の作用が弱まることがあります。

posted by ゆきね at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(野菜編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットに挑戦(玉葱編)

新玉葱が、美味しい季節になってきましたね。

4月ぐらいから、国産品が、出回ってきています。

始めは、九州産が中心みたいですね。

関西では、淡路島の玉葱が、人気ありますね。
玉葱の生育するための気候が適しているのでしょう。

ほどよい甘さと歯ごたえが、好評の理由みたいです。

新物の時期は、
生食サラダが最適ですが、煮物、炒め物にももちろんOKです。

新物の時期が、終わった頃に、
北海道産の玉葱が、
出てきます。

今日は、玉葱の効果について


(玉葱の薬効)
●動脈硬化と高血圧の治療と予防
たまねぎの薬効成分が血液中の不要な脂肪やコレステロールを溶かします。

●狭心症・心筋梗塞・脳卒中に
血管を止める血栓形成を防止すると同時に、血栓を分解・除去します。

●糖尿病の治療と予防
インシュリンの分泌を促進させ、血糖を低下させる作用があります。また、異常のある高い血糖体にのみ作用し、正常に戻れば作用は止まるので、心臓障害を起こすなどの副作用の恐れはありません。

●美容や老化防止に
活性酸素を抑制し血液を浄化する作用があるので、小じわの予防や皮膚の老化防止に効果があります。
●成長期のお子様に
カルシウムの含有量が高く、成長ホルモンと同様の作用があります。

●不眠症の解消に
興奮した神経を静め、不眠や精神の不安定を解消します。

●解毒・殺菌作用
たまねぎには強力な殺菌・殺虫効果があります。

●ダイエットに
不要な脂肪分を排出する働きがあり、良質なたんぱく質を豊富に含むためダイエットに効果があります。
●その他
消化促進・便秘・生理不順・風邪の予防・精力増強・脱毛症等にも効果を発揮すると言われています。

    ☆--------------------------☆

玉ねぎとキャベツのスープダイエット



【7日間脂肪燃焼ダイエット】

★このダイエットは心臓外科手術の前に安全に急速な減量を行うために用いられています。
このダイエットは急速な脂肪燃焼を行います。
重要なのは体に取り入れるカロリーより多くのカロリーを燃焼させる事です。
この方法で体内の不純物を洗い流し、すっきりとした気持ちになれます。
このダイエットは簡単に作ることができるスープを毎日食べます。
このスープはいつも食べることができ、食べれば食べるほど体重が落ちます。

脂肪燃焼スープの材料・作り方
●玉葱大 3個 ●キャベツ大 半玉●ピーマン 1個 ●セロリ太いのを 一本 
●ホールトマト1缶 ●チキンスープの素 1個

@野菜を食べやすい大きさに切りスープの素とホールトマトを一緒に大きな鍋に入れる
 材料がひたひたになるくらい水を入れ10分程煮る。
 その後野菜が柔らかくなるまで好みに応じて煮る。
A塩、こしょう、チリソース、カレーパウダーなど好みに応じて味付けしてよい。
 好きなだけいつでも一日中このスープを食べて下さい。
 スープを食べれば食べるほどカロリーが燃えます。

このスープ、なんだかスゴイですね。

気になる方は、お試しあれ。
posted by ゆきね at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット(野菜編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。